投稿

量子コンピュータを、なぜ難しく感じるのか? 

イメージ
量子コンピュータへの関心が高まっています。

その一方で、それへの「近づきがたさ」を感じている人もたくさん存在しています。むしろ、量子コンピュータへの関心の高まりとともに、そうした人の数は、増大しています。

量子コンピュータを難しいと感じるのには、いくつかの理由があるのですが、僕は、その最大の理由は、その「なじみのなさ」「これまで、どこでも習ったことがない」ことにあると考えています。量子コンピュータを学校で習ったことがある人は、あまりいないでしょうから、その意味では、難しく感じるのは、ある意味当然のことかもしれません。

ただ、その難しさは、見かけだけのことかもしれません。

外国語の学習で考えてみましょう。250年前の日本には、英語を理解できる日本人は、おそらく、一人もいませんでした。でも、今では、中学生は全員、英語を学んでいます。江戸時代の日本人が、外国語を理解する能力が低かったのでしょうか? そんなことはないと思います。「學而時習之,不亦說乎?有朋自遠方來,不亦樂乎?」というような漢文を、多くの日本人は子供を含めて、理解できたのですから。

量子コンピュータを「近づきがたい」と感じるのは、理解力がないからではありません。それは、江戸時代の人が、おそらく英語のアルファベットに感ずるであろう「近づきがたさ」と同じようなものだと僕は考えています。それは「受けて来なかった教育」のせいといってもいいのですが、基本的には、その時代に多くの人が手に入れることのできる情報の問題です。

ただ、この点では、現在は、250年前とも100年前とも50年前とも、大きく違っています。これはとても大事なことだと、僕は考えています。

現在では、たとえ「学校」で「教育」をうけていなくても、いくらでも情報は手に入ります。自分だけで学ぶことも可能です。また、新しいことの学習をを助けるコミュニティや勉強会がたくさん存在します。ITの世界で働いている人は、以前に学校で習った技術的知識がすべてではないことは、よく知っていると思います。

量子コンピュータについても同じです。学ぶ機会がなかったから難しく感じるだけで、最初から難しいと身構える必要はありません。

そうは言っても、量子コンピュータを学ぶことは、英語を学ぶことより、対象が「不可思議」で、内容的にずっとずっと難しいことなんじゃないのと思っている人もいると思います。むしろ、物…

マルレクの今後の予定について

新年度の4月から、マルレクの運営事務局を「丸山事務所」から「MaruLabo」に移行して一本化します。 もちろん、「マルレク個人協賛会員」は、新しい事務局にそのまま引き継がれます。 2019年のマルレクは、基本的には隔月開催で、当面、次のような予定を考えています。ご期待ください。 ---------------------------
2019年 マルレクのテーマ
---------------------------  1月 「人工知能と意味の形式的理論」 (2019/01/08 終了)
 3月 「量子コンピュータをやさしく理解する三つの方法
      -- String Diagram 入門」
 5月 「人工知能と論理的数学的推論
     -- Yet Another AI 入門」
 7月 「構成的意味論
     -- DisCoCat 入門」 マルレクで概論を述べたら、MaruLaboのセミナーで、それを補う講義・演習・ハンズオンを行いたいと考えています。角川さんと共催の形が多いと思います。 当面、昨年 11月2日に開催したマルレク「量子アルゴリズム入門 -- 量子フーリエ変換を学ぶ --」の演習を、角川さんとの共催で、2月末に開催したいと思っています。「紙と鉛筆 ...」の第二弾の新しいコンテンツで、6時間のコースです。詳しくは、後ほど公開します。  -----------------------------------------------
 2/23 「紙と鉛筆で学ぶ 量子情報理論基礎演習 II
  -- 量子アルゴリズムの基礎と量子フーリエ変換を学ぶ」
 ----------------------------------------------- また、IBM-Q, Google CirQ, MS Q# (多分、全部いっしょではなく)を使った、量子コンピュータのプログラミングのハンズオンをやりたいと考えています。 実は、2017年度のマルレク、僕の個人的事情で 5回しか開催できませんでした。2018年度のマルレク 7回しますと言っていたんですが、2018年は、路線を変えて手を広げたせいで、セミナーはたくさんやったのですが、マルレクの約束果たせませんでした。ごめんなさい。 2017年の「つけ」を、いつか返したいと考えています。それまで許してください。

「意味の形式的理論」ビデオ配信始まる

1月8日に開催したマルレク「人工知能と意味の形式的理論」のビデオ配信が始まりました。ご利用ください。https://crash.academy/video/630/1961 講演資料はこちらです。https://goo.gl/CPXndH

ごめんなさい

Macでバッテリーが、時々、充電できなくなって困っていたのですが、原因わかりました。 昨年10月、Mojaveにバージョンアップして、すぐに症状が現れ、アップル・ストアに駆け込みました。運悪くマーフィーの法則の逆が起きて、ついさっきまで、あんだけ言うことをきかなかったマシンが急にいい子になって、お店ではちゃんと充電ができるのです。チェックしてもらったのですが、本体にも電源アダプターにも異常がなく、症状にも再現性がなく、変なクレーマーとして退散。 家に帰ったら、症状が再発。ハードに問題がないなら、ソフトが原因だろうと、Mojaveを疑う気持ちが高まりました。 11月に、Mojaveのバージョンアップ(10.14 --> 10.14.1)が出て、それを使ったら、症状が現れなくなりました。やっぱり、Mojaveが原因だったろうとその時は思いました。Facebookにも、Mojaveのバージョンアップでなおりました報告。

ただ、幸福な時間は長く続きませんでした。数日たって、症状が再発。でも、以前より、発症の頻度は落ちたように思えたので、Mojaveのバージョンアップと機械の自然治癒力を信じて、だましだまし使っていました。 ところが、今年に入ったある日、激しい発作が起きました。10月にアップル・ストアに駆け込んだ時のように。なんど、あんなリセットやこんなリセットを繰り返しても、ダメなんです。バッテリー残量ゼロのまま、たまらず、またアップル・ストアに。 で、本題です。 対応してくれた彼女、すぐに原因を見つけてくれました。素晴らしい。 原因は、電源コードでした。 電源アダプターじゃなく、コードの方です。僕のコードとお店のコードを交換すると、なんどやっても僕のコードでは充電できず、お店のコードでは充電できるのです。見事な再現性。 前回のように、カマトトぶりを発揮して無理にいい子ぶることはありませんでした。疲れたのでしょうか、もう限界だったのかも。 Mojaveがおかしいと言いふらして、Mojaveさん、ごめんなさい。濡れ衣でした。思い込みは、よくないですね。 Mojaveに更新した段階で、症状が起きたのは、多分、まったくの偶然だったのでしょう。いろんなことが起きるものです。偶然ですから。でも、同時に起きた偶然には、因果関係はありません。 いまは、平凡ですが、コンセントにつな…

「楽しい数学」「同じ」を考える--「型の理論入門」

明日開催の「楽しい数学」「同じ」を考える--「型の理論入門」https://mathnight4.peatix.com/の講演資料です。ご利用ください。https://goo.gl/nbrFcU 本資料の第三部は、次次回開催のマルレク「コンピュータで数学する -- Yet Another AI」につながっていきます。この分野に興味のあるかた、目を通しておいてもらえますか?  ------------------
 「はじめに」から
 ------------------ 「同じ」あるいは「同じではない」という判断は、知覚にとっても認識にとっても、最も基本的な判断の一つである。認識の対象が、自然であれ、人間であれ、あるいは、思惟が産み出す抽象的な概念であれ、その認識の土台には、対象の「同一性」についての判断があるように思う。 小論の第一部では、まず、日常の生活の中にも現れる「同じ」をめぐる問題を、いくつかのサンプルで考えてみようと思う。その後で、「哲学者」たちが、こうした問題をどのように考えていたのかを、きわめて簡単に振り返ろうと思う。 残念ながら、小論は、「同一性」についての、「哲学的」議論を紹介することを目的とはしていない。ただ、第一部での議論を通じて、日常の中にも、浅からぬ哲学への入り口が存在していることを意識することを楽しんでもらえれば嬉しいと思う。 小論の第二部では、20世紀の科学が、すくなくとも自然認識の領域では、「同一性」概念の大きな変化を引き起こしたことを述べようと思う。 相対論は、宇宙規模の巨大な空間では、時間の「同時性」が成り立たないことを示し、量子論は、極めて微小な領域では、すべての物質と力は、「同じ」性質を持つ不断に変化する素粒子の運動として記述できることを示した。同時に、両者ともに、その法則性は、ある種の「不変性」として記述される。 物理的な「同一性」は、基本的には「情報」の「同一性」として表現されるのだが、この分野でも、量子情報理論の発展は、エンタングルメントや量子テレポーテーションといった、「同一性」にかかわる思いがけない知見を我々にもたらしている。 小論の第三部は、数学での「同一性」にまつわる議論を、「型の理論」の成立と発展を中心に概観したものである。 「型の理論」は、20世紀初頭のラッセルに始まる。40年代のチャーチの「型付きラムダ計…

「量子コンピュータを、高校生にも易しく理解させることを目指すいくつかの試みについて -- String Diagram 入門」

イメージ
次回のマルレクですが、こんなテーマにしようと思っています。 「量子コンピュータを、高校生にも易しく理解させることを目指すいくつかの試みについて -- String Diagram 入門」 長いですね。もう少し考えますが、これ以上長くならないようにします。 講演概要は、こんな感じです。 ------------- 量子コンピュータへの関心が高まっています。 その一方で、それへの「近づきがたさ」を感じている人もたくさん存在しています。むしろ、量子コンピュータへの関心の高まりとともに、そうした層は、増大しています。 こうした中で、量子コンピュータの基礎を、高校生にも分かりやすく理解してもらうことを目指す試みも、活発に探求されています。 講演では、こうした取り組みの中から、三つの試みを紹介します。 一つ目は、Terry Rudolph のアプローチで、PETEという名前の不思議な箱を通じて、量子ゲートの働きを説明しようというものです。ここでは、量子の状態は、「霧」で表現されています。高校生を対象としていますが、筆者は、小学生でも理解できた言っています。 二つ目は、量子力学から量子論の部分を分離して、少数の原則から、基本的には高校生でもわかる線形代数の問題として、量子ゲートの働きを説明するやり方です。僕の「紙と鉛筆」のシリーズは、こうしたアプローチを取っています。 三つ目は、Bob Coeckeの「量子過程を絵解きする」というアプローチです。数式を使わずに、徹底的に図解することを通じて、量子論に対する直感を養おうとしています。Coeckeには、「幼稚園児のための量子力学」という論文もあります。(これは、さすがに難しいと思うのですが) レクチャーでは、違った切り口からのいくつかのアプローチを知ることを通じて、量子論への理解が深まることを目標にしようと思っています。 図は、Cockeが使っている、String Diagram のイメージ図です。

「熊と狼」

イメージ
「熊と狼」は次のような絵本である。そのメッセージは、シンプルで、わかりやすい。  ある冬の夜、深い森の中で、熊と狼が出会う。
 二人は、雪の中を一緒に、歩き始める。
 寒さで凍った湖まで一緒に歩き、
 一緒に、降る雪を眺めて、そして別れる。  次の年の春、二人は、花が咲き鳥がなく森で再び出会う。 「熊と狼は、お互い、また出会うことになった。二人は前とちょっと違っていて、少し姿は変わっていたが、すぐに一緒に並んで歩き始めた。彼らが共有する生き生きとした世界の中に。」 この絵本は、「彼らが共有する生き生きとした世界」を描いた絵本である。それは、ジョン・バエズのいう。「美しい世界」と同じものである。 -----------
"Bear and Wolf: A Tender Illustrated Fable of Walking Side by Side in Otherness" https://goo.gl/kNz97f マリア・パポーヴァは、絵本「熊と狼」を、2018年の一番よかった絵本の一つにあげている。 次は、彼女のこの絵本へのコメントである。 「他者性は、常に、我々が我々自身を定義する方法であった。我々が似ていないものとの対比と区別によって、我々は、我々が何に似ているかを見つけ出す。私が以前に書いたように、我々は、我々から我々がそうでないもの全てを取り出した後に残るものである。」 「しかし、他者性は結びつきの最も美しい土台にもなりうる。表面の非類似性を削り下ろすことを通じて、我々は、同類であることの深い源泉を見出すことができる。そしてそれは、今度は、我々と他者についての、我々の理解を拡大するのである。」 「メリー・オリバーは、何が彼女の人生を救ったかについてふれた印象的な文で次のように述べていた。  「世界の他者性は、混乱に対する解毒剤である。 ... この他者性のただ中に立つことで、人は、もっとも傷ついた心に、尊厳を取り戻すことができる」 」