Cloud Spannerについて

Googleが、これまで自社内部で利用してきたSpannerをクラウド・サービスとして公開した。

"Introducing Cloud Spanner: a global database service for mission-critical applications"

2012年のOSDIで論文が公開されたSpannerは、key-valueをベースにした拡張性と、RDBのACIDなトランザクション処理能力を併せ持つ強力な分散データベースである。タイムスタンプ・ベースのトランザクション処理に必要な正確な時間を得る為に、GPSや原子時計を利用。その上に、時間の不確実性を組み込んでいる。

当時、次のSpanner論文を日本語に翻訳した。(当時、残念ながら、Google翻訳はなかった。)


丸山による翻訳は、次のリンクからダウンロードできる。利用されたい。

その頃のGoogleの大規模分散システムの動向については、Spannerを含めて、2013年のマルレクで取り上げている。「大規模分散システムの現在 --- GFS, MapReduce, BigTableは、どう進化したか」合わせて参照されたい。



コメント

このブログの人気の投稿

TensorFlow Foldについて

TPU論文の翻訳(1)

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論