日本語WordNetのサーバーがシンガポールにあるのが悲しい

小川 さんから指摘されて、日本語WordNetのサーバーがシンガポールにある理由を調べて見たんですが、理由がわかりました。(多分)

このプロジェクトをNICTで推進していたFrancis Bond 氏が、シンガポールの大学にうつったからですね。http://www.ntu.edu.sg/home/fcbond/prof.html

ということは、日本では、日本語WordNet メンテされてないんだ。ひどいな。なんてこった。

「Botづくりを始める前に(4)」を書いていて、「まず、bAbiに対応する推論訓練用の日本語データセット作ろう」とか、書いていたんだけど、バカバカしくなって、書くのやめました。

ImageNetのラベルには、WordNetのIDがふられています。自国語辞書の整備は、自然言語処理の基本中の基本です。そんなこともできないで「日の丸人工知能」なんか、できっこないと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

TensorFlow Foldについて

TPU論文の翻訳(1)

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論