現代物理の俯瞰図

先に、一般相対論と量子情報理論を中心に置いた Susskind の次のような物理学の俯瞰図を紹介したが https://goo.gl/nqXwZn 、こうした絵解きはいくつかある。


次の図は、去年11月のバークレーでのパネル "Our Quantum Society: Living with Entanglement" https://goo.gl/aWtAzi で Cathryn Carson 女史が与えたもの。
この間見てきたスライドでは、指折りのテキトーなものなのだが、気分は伝わる、(これ、アニメなんです。Youtubeはこちら https://goo.gl/j7bE57


ポイントは、パネル自体の名称がそうなのだが、Entanglement という現象と、きちんと向き合わなければ、いけないということ。同じ量子的な現象としての Superposition が、波の重ね合わせとして比較的容易に表象できるのに対して、Entanglement はそうではない。ただ、Entanglement は、奇妙な例外的な事象ではなく、今や、物理学の基礎そのものになろうとしている。

その点では、EntanglementのEntropyを、初めて定式化した、我らが高柳博士の物理の俯瞰図は、きちんとしている。「重力理論と量子エンタングルメント」https://goo.gl/kRPcNI

量子情報理論が、量子論・重力理論と並んで、物理学の三本目の柱になるという見通しである。


コメント

このブログの人気の投稿

TPU論文の翻訳(1)

TensorFlow Foldについて

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論