次回マルレクは、5月31日 KDDIさんで開催です



次の要領で次回のマルレクを開催します。
 日 時:5月31日 19:00-21:00
 場 所:KDDI本社会議室(飯田橋)
 定 員:150名
 参加費:1,000円(個人協賛会員は無料です)
 申 込:個人協賛会員 5月17日 12:00から
     一般     5月24日 12:00から
 講 師:丸山不二夫
 テーマ:「ニューラル・コンピュータとは何か?」
 概 要:
現在のニューラル・ネットワークのモデルは、基本的には、次の三種類です。
 ・DNN (Deep Neural Network: Full Connect Perceptron )
 ・CNN (Convolutional Neural Network )
 ・RNN (Recurrent Neural Network )
ここにきて、第四のモデルとしての「ニューラル・コンピュータ」に注目が集まっています。
それは、画像認識が得意なCNNや、自然言語処理のようなSequence to Sequenceの処理が得意なRNNのように、特定の課題にフォーカスしたモデルではなく、むしろ、外部メモリーを活用する現在のコンピュータのアーキテクチャーそのものを、ディープ・ラーニング技術の知見を生かして拡張しようとする意欲的なものです。
興味深いのは、そのアーキテクチャーが挑戦している課題は、上記の三つのモデルでは解くのが難しかった、ヒューリスティックな、あるいは、論理的な「推論」を機械に実行させることです。
講演では、GoogleのDeepMind チームがNatureに公開した論文の解説を行います。
次の資料を参照ください。
「可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論」http://maruyama097.blogspot.com/2017/03/blog-post_17.html
「可微分ニューラルコンピュータとは何か(2) システム概観」http://maruyama097.blogspot.com/2017/03/blog-post_18.html

コメント

このブログの人気の投稿

TPU論文の翻訳(1)

TensorFlow Foldについて

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論