セミナーの集客は難しい

セミナーの集客は難しいなと、つくづく思う。
6月18日にミスルトさんと企画している「人工知能と私たちの未来」第一回「子育てママ」編のことだ。
告知を始めて2週間経つのに、50人定員に10人も集まっていない。マルレクの方は、2時間で150人を超え、2日で180人もの申し込みがあったのに。
平日10時終了のセミナーを、日曜の昼の時間に変更したのだが、反応は薄い。一番の理由は、多分、僕のこれまでの活動と、「子育てママ」さんたちとは、ほとんど接点がないことだと思う。あるいは、AIへの関心は、一般には(IT企業を含めて)、意外と薄いのかも。
今度は、テーマとターゲットを少し拡大して、「子育て教育」編にして、男性の参加も訴えようと思う。パパ・ママでも、孫の教育でもいいやと思う。 http://ailife201701a.peatix.com/
それにしても、マルレクに来る人たちとでも、「子育て教育」の話題で議論したことないもんな。
昨日は、MaruLaboの第一回社員総会・懇親会の後、Kinkosで、チラシを印刷する。28日のABCと、31日のマルレクの会場で配ろうと思う。これも、いつも、ネットで情報を共有してきたのだが、アナログなメディアも、もしかしたら、訴求力があるのかもと思うから。やはり、あまのじゃくなのかも。
もともと、新しい人たちとの接点を作りたいという気持ちから始めたものだったのだが、それは、簡単ではないんだな。また、今までしてこなかったことをするのは、難しいんだな。当たり前かも。
まあ、いいか。
せっかく始めたことだから、ジタバタしながら、もう少し頑張ります。「子育て教育」編の企画、ぜひ、お知り合いにお伝えください。

コメント

このブログの人気の投稿

TensorFlow Foldについて

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論

TPU論文の翻訳(1)