GPD Pocket

Windowsマシンが壊れたままになっていて、試して見たいことが試せないでいた。
一つは、Window 10でのUbuntuサポートで、どれくらいのことができるか知りたかった。
もう一つは、WordでのLatexサポートについて。アナウンスはあったものの、Mac版のWordには、降りてきていないようなので、Windows版のWordで試してみたかった。
GPD Pocketが、手に入ったので、やって見た。
(最近の「技術系blog」には、こういうのが多いので、真似て見た。)
結論から言うと、Word / Latexは、やり方わからなかった。残念。英語版のWordにしないといけないのかしら?
ただ、Windows / Ubuntu は、想像した以上にうまくできている。写真は、量子コンピュータのシミュレーターのUbuntu版 Qx Simulatorを動かしたところ。ちゃんと動いた。
大昔、コンソールのUNIXで喜んでいたのを思い出す。Ubuntu は、マルチウィンドウにもできる。
でも、GUIが欲しいな。
ダメ元で、firefox を、apt-get して見たら、しれっとインストールできたので、もしやと思ったのだが、Displayがどうのと言うメッセージが出てダメ。そりゃそうだろう。
aptくん、あんなに、dependency きちんとチェックしているのに、肝心のことチェックしていないようだ。そりゃそうだろう。こんなこと想定してないはず。
でも、よく見ると、X11もちゃんと入っている。GNOME動けばいいのにな。でも、X11のこと、すっかり忘れている。
(2年くらい前に「ContainerとNameSpace Isolation」という講演をしたのだが、そこでは、「WindowsのSubsystemでは、bashは動かせるかもしれないが、大したことはできないだろう」みたいなこと話したのだが。ごめんなさい。)
Qxには、GUI版のQx Studioと言うのがあるのだが、これも動かしたくなる。Macでは、VirtualBox上のUbuntuで、そこそこ動いたので、同じことをGPDでやって見る。
起動はできたのだが、ひどく遅くて、使い物にならない。よく見ると、このQxのシミュレータ、「Haswell推奨」と書いてある。GPDは、非力なAtomだ。その上、VirtualBoxをかましている。無理げ。
いろいろやっていたら、GPDの少ないディスク半分以上使ってしまった。一日で。それに、小さすぎる。タバコの箱と比べて見てほしい。
(昨日、GClueの佐々木さんに、Android がフルで動く、2cm x 3cm ぐらいのモジュールを見せてもらった。)
うーん。GPD 買わなくてもよかったかもしれない。
画像に含まれている可能性があるもの:画面
丸山 不二夫 http://www.zdnet.com/.../how-to-run-run-the-native.../ を参考にしました。WindowsのX を使うんですね。Xはネットワーク上で動くのを、思い出しました。Linux上のGUIアプリccsmは、動きました。でも、desktopそのものは動きませんでした。
いいね!他のリアクションを見る
返信
1
11月5日 12:58編集済み
管理する
丸山 不二夫 GPDのWindows 10上で、UbuntuのFirefox 動きました。
嬉しいです。
でも、よく考えると、何が嬉しいのか、よくわからなくなりますが。
管理する
丸山 不二夫 http://www.zdnet.com/.../how-to-run-run-the-native.../ を参考にしました。WindowsのX を使うんですね。Xはネットワーク上で動くのを、思い出しました。Linux上のGUIアプリccsmは、動きました。でも、desktopそのものは動きませんでした。
いいね!他のリアクションを見る
返信
1
11月5日 12:58編集済み
管理する
丸山 不二夫 GPDのWindows 10上で、UbuntuのFirefox 動きました。
嬉しいです。
でも、よく考えると、何が嬉しいのか、よくわからなくなりますが。
丸山 不二夫 GPDのWindows 10上で、UbuntuのFirefox 動きました。
嬉しいです。
でも、よく考えると、何が嬉しいのか、よくわからなくなりますが。

コメント

このブログの人気の投稿

Google翻訳での日本語の点数の低さについて

誕生日

Google翻訳のアーキテクチャー(2) Encoder / Decoder