6/26 マルレク・リマインダ



6月26日開催のマルレク「量子コンピューティングの現状と課題」は、本日(6/19 正午)から、申し込み受付開始です。https://quantum0626.peatix.com/
簡単にいうと、「現在の技術では、たとえ100量子ビットの量子コンピュータができたとしても、それはすぐには世界を変えないだろう」という話です。
 「そんなのわかっている」
 「それじゃつまらない」
 「ビジネス的には、意味ない」
と思っている人も多いと思います。
でも、それは半分は正しいのですが、半分は間違っています。
いま、驚くほどの豊かさで、情報の世界と量子の世界の接点が拡大しています。
 「量子コンピューティングは、なぜ、強力なのか」
 「量子コンピューティングは、なぜ、難しいのか」
 「それは、我々にどのような未来を開くのか」
こうした問題を、考えるのは大事なことです。
僕は、情報の世界の人類史的で画期的な革新は、量子コンピューティング技術の発展の中で生まれると考えています。
「人工知能技術が画期なんじゃないの?」と思っている人もいると思います。しかし、ディープラーニング技術の一部は、量子コンピューティングに包摂されてようとしています。(それについては、次々回のマルレク「量子ディープラーニング」で取り上げます。)
重要なことは、そうした展望を語れる客観的な条件が生まれつつあるということです。現時点では難しいことの認識を踏まえながら、私たちに与えられている未来の「予兆」について、お話しできればと思います。
プレスキルの論文、翻訳しましたので、是非、お読みください。https://goo.gl/6qh1oE
写真の「スチームパンク」に出てきそうな機械は、Googleの量子コンピュータの一部です。https://goo.gl/1dJs6c


コメント

このブログの人気の投稿

Google翻訳での日本語の点数の低さについて

誕生日

Google翻訳のアーキテクチャー(2) Encoder / Decoder