帰りたい。帰れない。

寒波が襲来して飛行機が欠航となって、東京に帰れなくなる。今日も、欠航だった。

Facebookでのやり取り。

Yさんから。「他の選択肢は無いですか? 高速バスやJRで南下してからフライトとか」

北海道、広いんですよ。その上、冬は厳しいんです。

稚内から千歳まで、JRだと6時間、バスだと7時間かかります。その上、吹雪だと、JRもバスも止まります。新幹線だと、7時間あれば、鹿児島までいけますからね。

千歳までたどり着いても、今年の冬は、稚内空港より千歳空港の方が、飛行機よく欠航になっています。千歳から飛べなくなると、泊まるところ探さないといけない羽目になります。

飛行機飛びさえすれば、稚内・羽田、二時間弱で行けますので。ブリザードが過ぎるのを待つのが、いいかと。

現役時代は、絶対外せない用事があると、冬の移動、随分悲しく辛い思いをしました。今は、「まあ、いいか」でゴマかそうかと思っています。

Tさんから。「道内で、函館位まで飛ぶの無いですか? 函館まで来れば、あとは東京までひとっ飛び」

北海道には沢山の飛行場があります。僕の地域は、国政選挙は「北海道12区」というのですが、小選挙区なのに飛行場が5つもあります。稚内・利尻・礼文・オホーツク紋別・女満別。多分、日本最大の「小」選挙区です。でも、これらの空港を結ぶ路線はありません。稚内・函館間の飛行機は飛んでいません。

以前は、道内の地方空港のハブの役割を、札幌の丘珠空港が果たしていたのですが、こうした丘珠の役割は廃止され、千歳に集約されました。

あと、「雪で飛行機が欠航」というのは、飛行機が雪に弱いというより、滑走路に積もった雪の除雪・排雪が間に合わないことが最大の理由です。ですので、雪による欠航の場合、目的地に関わらず、大抵は、飛行場全体で発着がストップします。そういうわけで、羽田便だけでなく、今日の稚内・千歳便は、二便とも欠航でした。

コメント

このブログの人気の投稿

TensorFlow Foldについて

TPU論文の翻訳(1)

TPU論文の翻訳(2)