John Baez "Struggles with the Continuum"

Baezの "Struggles with the Continuum" 「連続体との格闘」の連載が終わって、arXivに投稿されていた。http://arxiv.org/pdf/1609.01421v1.pdf
時空を連続なものと捉える一般的な通念が、物理学において様々な矛盾や計算不能な「無限」を引き起こし、そうした困難に対する挑戦という切り口で、量子論・相対論の歴史を概観している。
「連続体というのは、時空のより深い性質の、単なる近似なのではないか?」
ただ、まだ探求の旅は続いているという。
Only time will tell. Nature is providing us with plenty of clues, but it will take patience to read them correctly.

コメント

このブログの人気の投稿

TensorFlow Foldについて

TPU論文の翻訳(1)

TPU論文の翻訳(2)